2011年08月10日

永吉くん。ありがとう☆

こんばんは☆

いつも、よると私を
皆さまと一緒に、私の悩みごとを聞いて下さったり
グダグダな私を励まして下さったり

よると永吉くんが同じ年齢だった事もあり、
永吉くんにも飼い主さんのチロルさんにも
とっても親しみを感じたり
そして、私と違っていつも冷静に永吉くんの事を考えて判断されている
姿に、励まされておりました。

そんなチロルさん家の永吉くんが
9月の20歳のお誕生日の前に
8月7日
深い深い眠りにつきました。

苦しまず、ご家族が見守る中
安心して旅立ったそうです。

「もう手離してやらなきゃと想いつつ、もう少しもう少し・・・」と
想われたお気持ち、痛い程痛い程わかります。
チロルさんが、そう思っていたように
きっと永吉くんも、そう思っていたのだろうな・・・って思いました。

「旅立つなんて想った事もなく、心臓も息も止まってしまった時
ウソだろ?」って言うお気持ち
頭の思考回路が切れてしまったような、お気持ち・・・
痛い程わかります・・・
身体が半分に引きちぎられたような痛み・・・だと想います。

今は何も考えないで、ただただ痛いと叫んで下さい・・・

チロルさんご家族が、永吉くんといて幸せだったように
永吉くんも、チロルさんご家族といて幸せだったのです。



永吉くん
本当に、本当に良く頑張ったね。偉かったね。カッコよかったよ。
心臓のお薬頑張って飲んでたものね。ホメオパシーもしたよね。
イワシとサバが大好きだった
永吉くん。
いっぱい褒めてあげたいな

お空はね、お友達がいっぱいだから
何にも、心配いらないからね。安心してね。

これからも、お空からいつもいつも見守ってね。

永吉くん
チロルさんと引き合わせてくれて、ありがとう。
永吉くん
私達にもいっぱい幸せくれて、ありがとう。

     「永吉くん。いってらっしゃい」

チロルさん、この暑さの中
どうか、お身体だけはご自愛下さいませ。

ニックネーム よるのまま at 21:58 | TrackBack(0) | お友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

ケンタくん☆大好きだよ☆

こんばんは。
今年は、本当に暑くなるのが早いですね・・・
それに、暑さも半端でない・・・

先日7月14日 午前3時50分 17歳8カ月
ケンタ姉ちゃんさんのケンタくんが
お空のお友達になりました。

前日の12日には、ご飯もいつも通り食べて
ウンもちゃんと自分で出して、おしっこもちゃんと
してくれたそうです。ただ、いつもと違うところは
ペロっと少し舌が出ていたそうです。

夜中になって、だんだん息が荒くなってきて
翌日も、息の荒いのが続き先生に診察してもらった所
心音もはっきりしていたそうです。

その日の午前3時50分
ケンタ姉ちゃんに抱っこされながら
家族に見守られながら
ちゃんと「ありがとう。行ってくるね」が言えて
ケンタくんは安心して、眠りについたそうです。

     27665108_1218577037_188large.jpg

ケンタくん
本当に本当に偉かったね。
ケンタくんが幸せだったこと、ケンタ姉ちゃんが幸せだった事
ずっとずっと忘れないよ。
たくさんの幸せをありがとう。
お空には、たくさんのお友達がいるからね。
何にも心配いらないよ。

「ケンタくん ありがとう いってらっしゃい」

お友達がお空に行く度に、よるが行ってしまった時の事を思い出し
涙が流れる・・・
でもね、いつも自分に言い聞かせてる言葉がある

「どんな幸せな時間も、素敵な出来事も、そして人とのお付き合いも
 いずれ、終わりがくる。
 どんなにお金があっても、どんなに技術があっても、どんな偉い人にも
 永遠なんて、誰にもない。
 
 だけど、私たちは思い出を持つ事ができる。
 いつでもどこでも、楽しかった時間を、素敵な事を思い出す事が出来る。
 それは、永遠なのだから
 それで充分なんだよね。

 目を閉じれば、いつでもよるが思い浮かぶ
 目を閉じれば、いつでもよるに逢える
 そんな思い出を持てた事に感謝しないとね」って☆☆☆

そう想って、いつか逢えるまで頑張るよ。


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村
ニックネーム よるのまま at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | お友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

龍馬くん 大好きだよ。

今日は、透き通るようなきれいな秋晴れの一日でした。
暑い暑い夏の間は、本当に秋がくるのかなって心配でしたが
やっぱり、季節は巡るのですね・・・。

先日、9月10日に20歳のお誕生日を迎えて
シニアワンの希望の星そして

30歳を目指す会の会長であります、大切な大切なお友達
龍馬くん
昨日、9月28日 20歳
お空のお友達になりました。

腎臓が悪くて、毎日点滴に通って頑張って頑張った龍馬くん
昨晩は、ご飯も食べて
下痢をしていたのですが、その後午前3時半には
眠りについたそうです。

隣に寝ていた、うなパイさんを起こすまいと
静かに、静かに
どこも痛む事なく、眠るように旅立ったそうです。

そして、龍馬くんを早く自由に動ける身体にしてあげたくて
本日、秋晴れのお天気の中
お空に旅立ちました。

龍馬くん
私達の、期待に頑張って応えてくれて20歳のお誕生日を
迎えてくれて、ありがとう。
本当に、偉かったね。
よーーーく、頑張ったてカッコイイよ。
龍馬くんのママの自慢の息子であるように
私とよるにとっても自慢のお友達です。

カッコよくって、優しくって、頑張り屋さんの龍馬くん
お空にはね、たくさんのお友達がいるから何にも心配いらないよ。

12115154847_617962104_141large.jpg


この幸せそうで、満足そうなお顔見て下さい!!!
20歳になった時の龍馬くんです!!
かわいいかわいい龍馬くん、大好きだよ。

龍馬くんが、頑張った事
ずっとずっと、忘れないよ。
幸せを、たくさんありがとう。

よる
また、お空が賑やかになったね・・・
かーちゃん達は、とっても淋しいんだけど
貴女達は、幸せなんだよね。
私たちも、幸せなんだけどね
だけど、だけど
淋しい時もあるよ・・・

でも、いつか逢える日まで頑張らないとね・・・

優しくて、賢くて、頑張り屋さんの龍馬くん
皆で、迎えに行ってあげてね。お願ね。

龍馬くん
「いってらっしゃい」


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村


ニックネーム よるのまま at 01:24 | TrackBack(0) | お友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

ななちゃん、大好きだよ☆

こんばんは。
早いもので、5月も下旬になりましたね。
なんだか、本当は徐々になんだろうけど
気が付かない間に、一気に日が長くなりましたね・・・

つい先日まで、夕方の5時過ぎになったら真っ暗だったのが
今では、6時半でもまだ明るくて
明るいからか、6時半でも子どもがお外で遊ぶ声が賑やかです。
と言うか、窓を開けてるから声がよく聞こえるのかな・・・

今日5月21日 朝6時過ぎ
同じ、18歳トリオ組で同志だった「ななのふっさりしっぽ」
ななちゃんが、18歳と8か月

静かに、静かに・・・
ゆっくり、ゆっくり・・・
sachikoさんが起きるのを待って
お空の子になりました。



あのね、よる
お友達が、また増えちゃったよ。

かーちゃん達はとっても淋しくて悲しいけれど
わかってるよ。
貴女達は、幸せなんだよね。


頑張って、頑張って頑張ったお友達
みんな、みんな
今も幸せな事・・・わかってるよ。

今日ね、朝から
ずっと前、お買い物に行った時に見て
とってもかわいい色のカラーだな〜〜〜って欲しかったんだけど
その時は荷物が多くて断念したお花を
急に、欲しくなって午前中に買いに行ったの。

それでね、お昼からななちゃんの事を知ったんだけど
なんだかね
ななちゃんが、よるちゃんから
そのかわいいお色のカラーを貰いたいって言ったような気がしたんだよ。

だってね、ななちゃんみたいに
ふんわりと、かわいいピンク色のカラーなの。
ななちゃんが、「よるちゃんから貰いたい」って言ってるような
そんな気がしてならないの。

111P1080690.JPG

ね☆
かわいいカラーのお花でしょ。
かわいいななちゃんとソックリでしょ。
ななちゃんのように、ふんわり優しいピンク色で
ななちゃんのように、凛としてるでしょ。

だからね、よる
ちゃんと、ななちゃんに
「偉かったね」って言って
このカラー渡してね☆
忘れないでね。

忘れないで、渡してね。

「ななちゃん
 一杯頑張って偉かったね。たくさんたくさん幸せを、ありがとう。」

  111dscn2697_2.jpg


ニックネーム よるのまま at 21:42 | TrackBack(0) | お友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

うらんちゃん 偉かったね。

こんばんは。
今日は、またまた寂しいお知らせです。

本日、4月18日 15時45分
おからさん家のうらんちゃんが
眠ったまま、お空に旅立ちました。

まだ、涙が止まらないな・・・
だけど、頑張ったうらんちゃんに「ありがとう」って
「偉かったね」って言わないとね。

おからさん家の、うらんちゃんは腎臓が悪くて
皮下補液をお家で、頑張ってしていました。

花子ちゃんと同じ「コロコロちゃん」で頑張って
運動したりしていました。

詳しくは「おっとり ももちゃん」で、いつもかわいいお顔を見せてくれています。

ですが、最近は気温の変化などからか
食欲が減ってきてしまい
それでも、頑張ってパウダーの高栄養をシリンジでごくごくしたり
頑張って飲んでくれていました・・・

小さな、小さな身体で
いっぱい、いっぱい頑張ってくれていました。

眠ったまま・・・と言う事はきっと
どこも痛く無かったのだと思います・・・

よるや、お友達みんなが
イチゴちゃんのお洋服を着た、いつもかわいい「うらん王子」を
迎えに行ったのかな・・・

「うらんちゃん
 よーく、よーく頑張って
 本当に、本当に偉かったね。
 本当に、本当に賢かったね。

 うらんちゃんが、頑張った事皆よーく知ってるよ。
「偉かったね。って沢山ナデナデしてあげたいな・・・」

 あのね、うらんちゃんお空にはたくさんのお友達がいるからね。
 ももちゃん先輩を先頭に、ルーキー兄ちゃんを先頭に
 うらんちゃんが、迷わないように皆で迎えに行くから。
 何にも心配いらないよ。

 寂しくないよ。大丈夫。
 
 いつも、イチゴちゃんでかわいいお顔を見せてくれてありがとう。
 貴方の頑張りに、たくさんのお友達が
 いつも、励まされていました。

 うらんちゃん ありがとう」


おからさん、まだ動揺してなんとお声を掛けたらよいのか・・・
どうか、どうか一緒に泣かせて下さい。
一緒に、たくさんたくさん泣きましょう。

大丈夫。皆一緒ですよ。
ずっと、うらんちゃんも私たちも、傍にいますよ。
皆、一緒ですよ。

お辛い中ご報告下さいました事、心より感謝申し上げます。
どうぞお身体、ご自愛下さいませ。

うらんちゃん、おからさん
これからもずっとずっと、大切で大好きなお友達です。

   12CA8P04B2.jpg

    「うらんちゃん ありがとう。いってらっしゃい」

ニックネーム よるのまま at 20:17| Comment(6) | TrackBack(0) | お友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

ありがとう。

こんばんは☆

またまた、とってもご無沙汰しております。
暖かくなったり、寒くなったりですが
皆様も、愛犬ちゃんも
頑張っている姿に、いつも私が励まされて
心の中で、たくさん応援させて頂いております。

関西も、桜がすっかり満開になり
先週の週末には、いつもお散歩で行っていた公園は
場所取りをして、バーベキューやらお花見の人でいっぱいでした。

ワンの飼い主さんは、いつもこの時期
次の日の朝、バーバキューのゴミがきちんと捨ててなかったり
ゴミをカラスが漁って、袋から良いにおいがしたりで
困ってしまうのですよね・・・

うっかり、食べてしまったりすると大変ですものね・・・

エディさんは、桜が満開の公園にエディくんと行くそうで
毎日、エディくんの大好きなメロンパンを一緒に食べているそうです。



「ひとみちゃん ありがとう。」

     

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村



 


ニックネーム よるのまま at 23:23| Comment(17) | TrackBack(0) | お友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

エディくん。カッコイイよ。

こんばんは☆

今日は、お日様があって温い一日でしたね。

きっと、お日様があたたかく照らしてくれてるのは
エディくんが
「皆、応援ありがとう。
 皆、僕は幸せだよ。これからもずっと幸せだよ。
 だって、ずっとずっとエディさんと一緒なんだもの。
 ね、だから悲しまないで」
って言ってるようだなーなんて思いながら・・・

前の記事のコメントには
エディさんとエディくんに、たくさんのお言葉を頂きましたのですが
私が、私の気持ちのお返事を書いてしまいましてすみません・・・

だけど、皆さまがお返事を頂きたくて
書いて下さってるのではなく、頑張ったエディくんに頑張ったエディさんに
「偉かったね、賢かったね、幸せだったね」って伝えたくて
お言葉を下さっている事は、私も同じ気持ちで御座います。
その優しさに、甘えて
私も、コメントを書きながら私自身に・・・
自分自身に言い聞かせておりました。

そして、エディさんからは


「いつも、皆さんの温かいお言葉に励まされていました・・・
 いつも、皆さんからのメッセージを読んで励まされていました。
 たくさんの応援をして頂きまして、とっても嬉しいです。
 本当に、感謝しております。
 応援して下さった皆様にも、エディの綺麗な姿を見てやって下さいませ」

と言って下さってました。そして

「2010年3月12日 23時48分
   エディがお空に旅立ちました。



 それは本当に本当にあっけなく、信じられませんでした。
 今もそこにいないことが信じられません。
 最近は、寝ていることが多かったので、今もまだそこで
 寝ているようにしか思えません。

  眠っているようです。.jpg

 何にも分かりません。何をしたらよいのか分かりません。
 どうしてそこに姿がないのか、分かりません。
 痛いよーーーって泣き声がなんで聞こえないのか分かりません。
 なんで家の中にあのエディの匂いがしないのかが分かりません。

 
 本当は14日の日曜日であれば、弟も来られたので
 その時に荼毘にふしたいと思ったのですが
 母が、そのままにしておくのは、可哀相でたまらないからと言い、
 翌日土曜日、11時30分頃に荼毘にふされました。

 今は、小さくなって我が家に戻ってきています。

  帰ってきました。.jpg

 母が、早くちゃんとしてあげたいし、少しでも傍に置いてあげたいというので
 今は、仮の祭壇を設けて、私たちを見てくれています。



 最期の瞬間は、私の腕の中で旅立ちました。

 金曜日夕方17時40分に私が仕事に出かける時には、
 少し痛みはあるようでしたが、眠っていました。
 「急いで帰ってくるから、頑張ってね。お母さんがすぐに帰ってくるから   ね。」
 と言って、後ろ髪をひかれながら出かけました。
 この1週間、毎日同じ事を言って出かけていました。

 母が18時過ぎに帰ってきた頃から、エディはずっと痛み続け、悲痛な声で
 何時間も泣き続けていたそうです。
 21時頃、とても痛そうな大きな泣き声をあげて、寝たままウンチをした後、
 パタッと泣きやんだそうです。
 母が「もしかしたら、このまま死んじゃうのかもしれない」と思い、
 妹に連絡をして、すぐに駆けつけてくれたそうです。

 それからも、エディは痛みで泣き続けていたそうなのですが
 撫でてあげると、痛みが治まってくれていたようなので
 「もうすぐお姉ちゃんが帰ってくるから、頑張るんだよ。」と言いながら
 妹が私に変わって、撫で続けてくれていたそうです。
 その間に、2回程血液の混じったウンチのようなものをしたそうです。
 そのたびに、大きな唸り声をあげたそうです。

 それでも、2人はこのまま旅立ってしまうとは、到底思えなかったそうです。
 「今夜もこのまま苦しむのかな・・・」としか思わなかったそうです。

 23時30分過ぎに、私が玄関を開けたその時に、
 お尻から血の混じった体液が流れてきて、
 2人から「シーツが変えられない、どうしよう」とすぐに言われ
 「私が抱っこするから、そのすきに変えてあげて。
 エディ、いつもみたく立ちあがりたいのかもしれない。」
 と着替えてすぐにエディを抱き上げました。
 ただ、もう脚の力も残ってはおらず、立つことはできず、
 そのまま新しいシーツの上に、そっと寝かせてあげました。
 その間は、泣き声ひとつあげませんでした。
 その直後に、私の腕のなかで、大きく体を後ろに反りかえらせ、
 少しのキレイなオシッコをしました。
 私が、「エディが死んじゃう・・・」と叫び、3人でエディに抱きつき、
 そのまま静かに心臓が止まったのを妹が感じました。
 でも、まだ口も動いていて、目も少し瞬きをしていたので、
 信じられませんでしたが
 そのうちにその動きも静かに止まり、
 本当にあっけなく、突然にお別れのときがやってきました。
 私が帰宅してから、10分あるかないかの時間に旅立ってしまったのです。

 なんで、仕事を休まなかったんだろう、
 なんでもっと早く帰って来れなかったんだろう・・・
 悔やまれることはたくさんあります。

 母は、「本当は21時頃の時点が旅立ちの時だったのかもしれない。
 妹が来てくれるのを待っていて、そして妹が来てくれたから、
 お姉ちゃんが帰ってくるまで頑張ることができたんだよ。」と言います。
 妹は、「ほんとに頑張って頑張ってお姉ちゃんのこと待っていたんだよ。
 お姉ちゃんにどうしても会いたかったんだよ。

 お姉ちゃんにいつもみたく抱っこしてもらうのを待ってたんだよ。
 お姉ちゃんに抱っこしてもらえて、
 嬉しかったから安心したから旅立ったんだ よ。」
 と言います。
 2人は口をそろえて、その数時間を私が見ていなくて良かったと言います。
 今まで、一番世話をしてきた私だったら、見ていられなかっただろうと。
 もし、お姉ちゃんがそばにいたら、もっと早く旅立ってしまっただろうし、
 そうすれば、妹は間に合わなかったかもしれなかったし、
 お姉ちゃんに会いたかったから頑張ったんだよと何度も言ってくれます。
 でも、やはり一番苦しい時に、一緒にいてあげられなかったことが
 これから先もずっと後悔することになると思います。

 それから、妹と2人でエディの体をキレイに拭いてあげて、
 シーツも取り換えてあげて、すぐに硬直してしまったけど
 その姿はまるで本当に痛みがなく、寝ているだけのようでした。
 いつも寝ている姿と同じ姿で硬直していたのです。
 また起きてくるんじゃないかなと妹は言いました。
 本当に綺麗な姿でした。痛みを訴えない姿に安心もしました。
 その夜は、今までとなんら変わりがないように、2人で布団を並べて
 少しだけ眠りました。
 朝、起きてすぐに母が「やっぱり起きてこなかったね・・・」と言いました。
 それぐらい、ただただ寝ているだけのような姿だったのです。

 この日は、朝からたくさんの持たせてあげるものを準備したり、
 ご近所のお母さんにお別れをしに来て頂いたりして、
 みんなに撫でてもらってから最期のお別れをしに行きました。

  たくさん食べてね。.jpg

 日曜日は、母と2人で仮の祭壇を作ったり、少し片付けをしたりしました。
 ”僕のために2人でこれからの準備をしてね”と
 エディが今日の休日をくれたんだねと母が言いました。
 母が、エディが寂しくないように、どこからでも見えるようにと
 居間のテレビの上にお骨が置いてあります。
 もう少ししたら、ちゃんとした祭壇をつくろうねと言ってくれています。

 今日は母といろいろな話をしていて、
 「痛みや苦しみさえなかったら、どんな姿でも生きていてほしかったね。」と
 母が言いました。
 エディのお世話にあまり肯定的ではなかった母がそう言ってくれたことが
 嬉しくもありました。
 母の悲しみようは、想像以上のもので、
 ずっと2人で何を見ても泣いてしまっています。
 母が、掃除機をかけている時には、
 「あんなにうっとおしかったエディの毛が
 たくさん出てくるんだけど、
 これからはどんどん無くなっちゃうんだよね・・・」と
 泣きながら掃除をしていました。
 母は、まるでエディがそこにいるかのようにお骨に話かけています。

 今日は1日中、エディの子犬の頃、やんちゃだった頃、
 今までのエディや家族の話を
 2人でしていました。そのたびに涙が溢れてきますが、
 そんな時間もエディが残してくれたのだと思います。
 もし、旅立ちが今日だったら
 母とこんな時間は過ごせなかったのは間違いありません。

 先程、妹がエディの大好きだったコストコのパンを買って、
 お線香をあげにきてくれました。
 間に合わなかった弟も来てくれました。
 そして、今日14日日曜日はエディの18歳と1か月のお誕生日でした。
 みんなで、エディの写真を見ながら、この18年を振りかえりました。
 それはそれは、みんなたくさんの思い出を持っていました。
 とても良い供養になったのではないかと思います。


 エディのお散歩もなく、ゴハンの支度もなく、
 寝かしつける時間もなく・・・
 1日がこんなに長いものだったなんて忘れていました。
 なんと寂しいのでしょうか・・・エディとのいろいろな時間が訪れるたびに
 寂しくて悲しくて泣いてしまいます。
 もう何もしてあげられることがなくなってしまったのです。
 これからもっともっと寂しい時間が待っているのでしょう。



 とりとめもなく、長い長い文章で申し訳ありません。
 自分の気持ちの整理をつけるためにも、書かせて頂きました。
 ご不快な文章もあったことと思います。

 今まで、私たちを助けてくださって、
 応援してくださって本当にありがとうございました。
 辛い辛いことでしたが、最期までエディを見守ることができたのも
 皆様からの励ましや応援のおかげです。

 エディは本当によく頑張りました。誇りに思います。
 本当に奇跡的に我が家の家族になってくれたエディに
 ありがとうの気持ちでいっぱいです。
 エディに巡り合わせてくれた神様に感謝です。

 本当にありがとうございました。
 私もエディも本当にシアワセでした。

 もしよろしければ、エディの最期の様子を添付しましたので
 見てやって下さればとても嬉しいです。」

と、メッセージを頂きました。


エディさん、私たちにもエディくんの旅立ちの時に会わせて下さって
旅立ちの時の姿に会わせて下さって、有り難うございます。
私も皆さんも、エディくんに
「偉かったね、良く頑張ったね、カッコイイよ
     たくさん幸せをありがとう。いってらっしゃい」
が言えました事、本当に感謝いたします。

エディさん、
エディさんとご家族の傍に、これからもずっとずっと一緒に見守ってくれます。

そして、ここには同じ想いをしたお友達
シニアちゃんと暮らしている、お気持ちを分かち合ってくださる
仲間がたくさんいます。
いつも、エディさんの事を見守っています。
一人じゃないよ。
皆、一緒だよ。

エディさんのお気持ちに、皆で寄り添わせて下さって本当に
有り難うございます。
そして、私たちにそっともたれて下さった事、とっても嬉しく
感謝申し上げます。

最後に
「エディくん、本当によく頑張ったね。
 偉かったね。賢かったね。
      これからも、ずっとずっと一緒だよ」

  CA36DG2I.jpg

早速、よると花子ちゃんはエディくんと
最初にどちらがホワイトデーのデートをするかで、もめているようですねー

おっとーーピクちゃんも参戦ですか〜〜〜
ヒエ〜〜かーちゃん、負けそう・・・^^;byよる
って、いえいえ貴女も充分負けてませんから^^;



ニックネーム よるのまま at 22:31| Comment(11) | TrackBack(0) | お友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

エディくん、応援してるよ!!!

こんばんは☆

少し、お天気が回復傾向と言われてまして
お空は晴れているのですが、まだまだ冷たい空気が流れていますね・・・

今日は、以前こちらでも紹介させて頂いて
よると皆さんの、大切なお友達エディーくんからのご報告なのです。

先日2月14日に
18歳のお誕生日を迎えたエディーくん!

前庭疾患やてんかん発作、肛門周辺腫瘍や腎臓
そして、前足の腫瘤や最近では腰が痛くて痛みどめのお薬を飲んで
頑張って、頑張って18歳を迎えました!!!
     

お誕生日には、お姉ちゃんに「手作りケーキ」を作ってもらい
これは、よるやお空のお友達の分まであって
大きな大きなケーキを、2個も作って下さって

123456.jpg


         234567.jpg


「あまり、うまく膨らまなかったので皆、美味しく食べてくれたかしら」と
仰ってましたが、エディーくんは10秒で食べたそうで
よるも、早食い競争に参加したと喜んでました。

その時の、エディーくんのお写真がこちら!!

   345678.jpg

そんな楽しい時間を過ごして、食欲もあったエディーくんなのですが
今日エディーさんからメールを頂きまして

「前足の腫瘤が自壊して、その処置に四苦八苦していたものの
 腫瘤をなんとか保護できるようになって、一安心していたのですが、
 痛み止めのお薬が合わなくなってきたのか、何回か吐くようになりました。
 近くの病院に行って、胃薬をもらいました。

 2,3日は吐くのは治まりましたが、また吐きだしたので、
 この間の日曜日に、かかりつけの病院で吐き気止めをもらいましたが、
 その薬ももはや飲むことができなくなっていました。

 月曜日までは何とか食べることができていましたが、
 やはり吐いてしまって、火曜日からは下痢気味で
 お水を飲んでも吐いてしまい、全く食べ物を受け付けなくなりました。
 今日は、水しか飲まなくても、吐いてしまっています。

 今週に入ってからは、昼夜関わらず痛みがあるようで、
 泣き叫ぶことが多くなりました。
 その泣き声も今までよりも、悲痛さを増してずっと大きくなり、
 遠吠えのような時もあります。
 寝ていながら、えづいて、そのまま吐いてしまうこともあります。
 
 夕方、かかりつけの院長先生に電話で相談したところ、
 潰瘍かもしれないし、腫瘍かもしれないし、
 どちらにしてももう治癒は
 望めないし、
 できることといえば、補液と吐き気止めや痛みどめの注射で症状を
 和らげることだけで、
 注射をしても効かないかもしれないし、
 効いたとしても、効き目が切れれば、また症状が出ると言われました。
 そうなると、毎日の通院になります。
 場合によっては入院やら、日に数度の通院になりかねません。
 今の状態は、すでに腸からきている吐き戻しなので、
 非常に悪い状態だともおっしゃっていました。
 もともと、延命には協力的ではないように思われる先生です。
 処置自体を勧められることはありませんでした。

 寝かしつければ、今はぐっすり眠ることができます。
 呼吸は少し荒いけれども、寝ている間は
 痛みは落ち着いているように見えます。
 でもね、起きると痛がり、苦しみ、悶えて、心臓も早く打ってしまって・・・
 悲痛な叫び声を上げて、吐いてしまうのです。

 辛いです。正直、本当に見るに堪えません。
 こうしてぐっすり眠っているのを見ていると、ホッとしますが
 起きた時の事を思うと・・・

 よるままさんが、「これ以上苦しませないで」と願った気持ち、
 痛みの波が襲ってくる恐怖、
 すべて同じではないかなと。
 さっき、泣きながら同じ言葉を、エディが泣き叫ぶ中、
 私も泣きながら神様にお願いしました。

 今までエディは18年間、本当によく頑張ってくれました。
 特にこの2年間は、病気と闘いながら、
 私の「もう少しだけ一緒にいて」という願いを聞いてくれたかのように、
 痛いのも辛いのも乗り越えて一緒にいてくれました。

 だけど、大好きなメロンパンもチーズケーキもプリンも買ってあるのに、
 もう食べてはくれません。
 これ以上痛い思いや苦しくて辛い思いを長引かせたくありません。
 大キライな病院に行けば、大きなてんかんの発作が起こるかもしれないし、
 痛い注射を何本もしなくはいけません。
 薬が切れれば、またこの苦しみがエディを襲うのを、
 私はきっと見ていることができません。
 病院での補液や注射はしないことに決めました。

 この2年間ずっと眠ってきた大好きな自分の寝床で、
 このまま過ごさせてあげたいと思います。
 とても弱虫な飼い主で情けないです。
 まだ起き上がれるのに、立ち上がれるのに、歩けるのに・・・
 悔しくてたまりません。悲しくてたまりません。
 でも、もう頑張ってほしくないのです・・・。」

とのメールを頂きました。

エディさん、お辛い決断を頑張ってされたのですね。
お気持ちは、痛い程よくわかります。

エディーくんと、エディーさんが
頑張って、頑張ってここまで来た事は
よーく・・・よーく・・・わかる・・・

そして「ここで、頑張って治療しても必ずまた
痛みがくる・・・それを想うと、もうエディーには苦しんで
痛い想いをしてほしくない」と仰る
エディーさんのお気持ち、痛い程わかる・・・
私も「もう、これ以上よるを苦しめないで」ってお願いした・・・

でもね
でもね
誰も、もう虹の橋にはきてほしくないの・・・
お空には、お友達が増えてほしくないの・・・

だから、ね?!
エディくん、もう少しだけ頑張って!!!
明日になったら、少しはお水も飲めるようになって!
お願い。エディーくん。お願いよ。

そんな訳には、いかない・・・のかな・・・。

だけど、応援するよ。
エディくんが一番、望むようになる事を。
だけど、応援するよ。
エディさんとエディくんが、望むようになる事を。

わかってるよ、エディーくん
お姉ちゃんが傍にいてくれる事、それがエディーくんの幸せで
エディくんが傍にいてくれる事、それがお姉ちゃんの幸せなんだよね。



「お願い!!エディくん!もう少しだけ、もう少しだけ頑張って!!!」




エディさん、決してコメントは気にしないで下さいネ。
また、お返事も気にしないで下さいネ。
今は、ずっとエディくんの傍にいてあげて下さい。

皆さんも私も、エディさんのお気持ちは充分、分かっています!
ただ、エディさんとエディくんの応援がしたいのです!
応援させて頂くだけで、充分なのです!!!

少しでも、エディくんに届けば・・・
少しでも、エディさんの励みになれば・・・
少しでも、エディさんのお気持ちに寄り添えれば・・・
それだけで、充分なのです!

なので、絶対にコメントのお返事は気にしないで下さいませ。

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村
ニックネーム よるのまま at 02:48| Comment(22) | TrackBack(0) | お友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする